03-3445-4181東京メトロ日比谷線「広尾」駅から徒歩6分

虫歯治療

虫歯治療は進行度によって変わってきます。初期の段階では、なるべく削らないように心がけています。
歯の痛みを我慢していたり放置していると、虫歯菌が身体をめぐり全身疾患に結びつくこともあります。定期検診などで虫歯を早い段階から発見することが大切です。

虫歯は下のように進行していきます

第1段階(C1) 第2段階(C2) 第3段階(C3) 第4段階(C4)

【第1段階 (C1)】
 表面のエナメル質だけが溶け始めた段階で、痛みなどの自覚症状はありません。

【第2段階 (C2)】
 エナメル質を突き破り象牙質も溶け始めた段階、冷たいものや甘いものが歯にしみます。

【第3段階 (C3)】
 虫歯が歯髄まで達し炎症を起こした状態、激しい痛みがあります。

【第4段階 (C4)】
 歯の上部が溶けてなくなり根だけが残った状態です。


根管治療

根管治療 虫歯が進行すると、虫歯が歯の神経(歯髄)まで達して、内部で炎症を起こします。炎症が進行すると、健康な神経が細菌に侵され腐っていきます。

虫歯が進行しても放置したままのとき、最初は痛みを感じていたものが痛みが感じなくなるとともに口臭が強くなってきたような場合は、歯髄が壊死してしまっていることも考えられます。

そうなると、傷んだ歯の神経と病巣(細菌)を全て取り除いて、歯の神経が入っていた管(根管)の内部をキレイに洗浄する必要があります。

根管は「目に見えないほど細かいものもあるため」、その内部を全て洗浄するには多くの時間が必要となります。

診療時間

  平 日 木/土 日/祝
AM9:00
~PM1:00
×
PM2:30
~PM6:00
× ×

※最終予約受付は診療終了の30分前まで